『洗車後の拭き取りがめんどくさい』そんな時は○○○○を使おう!

広告
おすすめカー用品
スポンサーリンク

こんにちは!洗車部logのdaikiです!

いきなりですが、皆さんはどれぐらいのペースで洗車をしていますか?

週1でやっている方や2週間に1回という方など人によって様々だと思いますが、普段何気なく洗車をやっていると

・洗車後の拭き取りめんどくさい。

・もっと効率よく洗車したい。

と思ったことはありませんか?

daiki
daiki

僕もどうしたら効率よく洗車できるか常に考えながら洗車してます。

そんな方にはスクイジーがおすすめです!

既に使っているという方は実感していると思いますが、スクイジーを使うだけで洗車後の拭き取りがかなり楽になり、効率よく洗車をすることが出来ます。

今回はそんなスクイジーのメリット・デメリットや、実用的な使い分けるポイントなど詳しく解説していきます。ぜひ最後まで読んでみてください!

こんな方におすすめの記事

・洗車後の拭き取りがめんどくさい

・効率よく洗車したい

・なるべく手を汚さず洗車したい

スポンサーリンク

スクイジーとは

スクイジーとは、真っ直ぐで滑らかなゴム性のブレード部分を使って表面の水分を取り除く道具になります。

一般的には、水切りスクレーパーや水切りワイパーなどと呼ばれるもので、業務用のものや100匀で買えるものまでいろんな種類のものがあります。

daiki
daiki

一般的にお風呂の掃除や窓ガラスの結露に使う方が多いのではないでしょうか?

洗車後の拭き取りに使う

実はこのスクイジー、洗車後の拭き取り作業にも使う事ができます!

もう既にご存知の方が多いと思いますが、洗車後の拭き取りはなるべく早く行う事が重要になってきます。

早く拭き取りをした方がいい理由はこちらの記事で詳しく解説しています

洗車でやってはいけない事3選

そこでこのスクイジーを使うことで、クロスを使うよりも効率良く拭き上げ作業ができてしまうというわけです!

スクイジーを使うメリット

洗車後の拭き取りにスクイジーを使うことで、以下の2つのメリットがあるといえます。

・素早く水を落とせる

・水に触れることなく作業ができる

素早く水を落とせる

メリット1つ目は、素早く水を落とせるです。

クロスだけで拭き上げ作業をしようと思うと

拭きあげ→絞る→拭きあげ→絞る

といった一連の動作になり、クロスに汚れが溜まってきた場合はさらにクロスの水洗いという行程も増えます。

その点スクイジーであれば、水滴があるところにスクイジーを置きそのまま引っ張るようにして滑らせるだけなので簡単に拭きあげ作業をすることができます。

この違いだけでもかなりの時間短縮になり作業効率アップを狙えますよ!

水に触れることなく作業ができる

メリット2つ目は、水に触れる事なく作業ができるです。

洗車は水を使わないと出来ない作業になる為、どうしても水に触れることになります。

寒い時期や肌荒れなどを気にする方は手洗い洗車のモチベーションが下がってしまい、洗車を諦めてしまうという方もいると思います。

冬の時期の洗車のやり方はこちらの記事で詳しく解説しています。

冬の洗車のやり方

ですが、スクイジーを使うことにより寒い時期でも水に触れることなく水を落とす事ができるので、こちらも最大のメリットだといえます!

スクイジーを使うデメリット

スクイジーを使うデメリットは以下の2つです。

・曲面だと役に立たない

・傷がつく可能性がある

曲面だと役に立たない

デメリット1つ目は、曲面だと役に立たないです。

スクイジーは真っ直ぐなゴムのブレードで水分を落としていくという仕組みであり、平らな面にたいして効果を発揮する構造になっています。

その為、曲面ではどうしても落とし切る事ができず、結局クロスで最終拭き上げをする事になります。

使う際はルーフ、フロントガラス、ボンネットだけとあらかじめ決めておくか、ゴム状タイプとスポンジタイプを使い分けるといった工夫が必要になります。

傷がつく可能性がある

デメリット2つ目は、傷がつく可能性があるです。

ブレードの部分がゴム状のスクイジーだと、車のボディとゴム部分が接地します。

この時ゴムの部分にゴミが付着した状態で作業をしてしまうと、傷が入る原因になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は洗車の時に役に立つ便利アイテムのスクイジーについて話していきました!

僕自身、冬の寒い時期や早く終わらせたい時などにルーフ、フロントガラス、ボンネットだけによく使う事があります。

この時、傷がつかないように使用前にゴムの部分を一度クロスなどで拭きあげてから使うようにしています!

皆さんもぜひスクイジーを使ってみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました